単一のオリゴ糖を摂っても効果なし!

複数のオリゴ糖が善玉菌を元気にする!

 

健康を維持していくためには、腸内環境の整備は必要不可欠です。

 

腸内環境をキレイに保つために忘れてはならないのが、腸内細菌の存在ですが、
腸内の善玉菌を活性化する食材として注目を集めているのがオリゴ糖ですよね。

 

実はこのオリゴ糖、一種類だけ摂取してもあまり効果が見込めない事が分かってきたのです。
今回は、オリゴ糖の重要性とどうして複数のオリゴ糖が必要なのかについてお伝えいたします。

 

腸の中にはどれくらいの細菌がいるの?

 

腸の健康を保つために、善玉菌優勢の腸内環境を作る事が大切だとご存知の方は多いでしょう。
しかし、どれくらいの細菌が腸内に住み着いているか、想像できる方は少ないのが現実です。

 

今まで人の腸内に定着している細菌は数100種類、100兆個と言われてきました。
実は、最新のデータでは、その数をさらに上回り、1000〜1150種類の細菌が人の細胞の数である60兆個のおよそ150倍もの数で存在している事が報告されています。

 

善玉菌の代表格であるビフィズス菌だけでも、10種類以上存在している事が明らかになっているんですよ。
つまり、腸内環境を整えるためには、出来るだけ多くの種類の善玉菌にアプローチする事が必要なのです。

 

プレバイオティクスがとっても重要!

 

腸内の善玉菌を直接増やす方法は、プロバイオティクスプレバイオティクスの2つが挙げられます。

 

プロバイオティクス

プロバイオティクスは乳酸菌などの善玉菌を摂取し、生きたまま腸内に届ける方法です。

プレバイオティクス

一方で、プレバイオティクスは現在腸内に存在している善玉菌のエサとなる物質を摂取し、常在菌を元気にして増殖の手助けをする方法です。

 

 

プロバイオティクスの代表格はヨーグルトや乳酸菌飲料ですが、この方法では生きたまま菌を腸に届ける事が難しく、届いても菌が腸内に定着しにくいというデメリットがあります。

 

腸をキレイに保つためには、腸にすでに存在している善玉菌を活性化させる方が効率的なんですよ。
つまり、腸内環境の整備には、プレバイオティクスが重要であると言え、このプレバイオティクスの代表こそがオリゴ糖なのです。

 

複数のオリゴ糖が善玉菌を元気にする!

 

では、ただ単にオリゴ糖を摂取すれば良いのかというとそうではありません。

 

実は、腸内の善玉菌を増やすためには複数のオリゴ糖をブレンドして摂取する事が大切なのです。

 

 

人間一人一人に好き嫌いがあるように、善玉菌にも好き嫌いがある事が分かってきました。
例えば、善玉菌1はオリゴ糖Aをエサにして活性化するけれど、善玉菌2はオリゴ糖Aをエサにせずオリゴ糖Bでなければ活性化しないというような感じです。

 

つまり、人の腸内に住み着いているたくさんの種類の善玉菌を活性化させるためには、1種類だけのオリゴ糖ではまかなえないのです。
それぞれの善玉菌が好物とするオリゴ糖をブレンドして摂取し、色々な種類の善玉菌をまんべんなく元気にする事が大切なんですよ。

 

最後に

現在では、科学的にオリゴ糖と善玉菌の相性を研究し、最適な比率で常在している善玉菌を活性化するブレンド型のオリゴ糖も販売されています。
もちろん自分自身で複数ブレンドしても良いでしょう。
1種類のオリゴ糖だけで効果を感じられなかった方は、ぜひオリゴ糖をブレンドして摂取してみてくださいね。

オリゴ糖ランキング

関連ページ

オリゴ糖でアトピーを改善できるのか?!
アトピー性皮膚炎の人の8割以上がIgE抗体 の数値が異常に高いといわれていますが、オリゴ糖にはこのIgE抗体の生成を抑制する効果が認められています。すなわちオリゴ糖で改善する可能性があるのです。
妊婦の便秘解消には断然オリゴ糖で決まり!
妊娠中の便秘は薬に頼れないので、辛い思いをされている妊婦さんが多いのではないでしょうか?そこで登場してくるのがオリゴ糖なんです。
オリゴ糖で血糖値は下げられるか?
砂糖をオリゴ糖に置き換えるだけで、無理なく血糖値を下げることができます。オリゴ糖は血糖値で悩んでいる人にとっては、最適な甘味料なのです。
血糖値に問題がある人にオリゴ糖は危険?安全?
糖尿病に罹患している人や血糖値の高い人にとってオリゴ糖は安全な食品なのでしょうか?また、下げる働きはあるのでしょうか?
【必読】イソマルトオリゴ糖の効果とデメリット・害・危険性
必ず確認しておきたいイソマルトオリゴ糖の効果効能、危険性!
オリゴ糖の副作用を知らないでは済まされない!
オリゴ糖に副作用はあるのでしょうか?あったとすれば、どんな症状が生じるのでしょうか?気になるオリゴ糖の副作用をまとめます。
ラフィノースオリゴ糖の効果効能を知らないでは済まされない!
ラフィノースオリゴ糖は純度が高く、難化性食品なので直接腸まで届く優れたオリゴ糖です。そして、様々な効果が期待できるのです。
難消化性オリゴ糖は全部で6種類!その効果の違いとは?
難消化性オリゴ糖の種類と、ぞれぞれの持つ効果についてお伝えいたします。
オリゴ糖のGI値をまだ知らないの?
オリゴ糖のGI値を知って、今すぐ糖尿病の対策はじめませんか?
メタボ対策にオリゴ糖はもう常識!
メタボ対策にオリゴ糖を利用していないなんて、あなたは大損していますよ。
ビートオリゴ糖とラフィノースの違いをまだ知らないの?
ビートオリゴ糖=ラフィノースと勘違いしている人も多いのでは?ここでは、ビートオリゴ糖とラフィノースの違いを明確にします。
脂肪の吸収を抑える「コーヒーオリゴ糖」
コーヒーオリゴ糖は、オリゴ糖本来の効能である整腸作用の他、脂肪の吸収を抑える効果もあります。商品についても紹介します。
オリゴ糖と砂糖の違いを知っていましたか?
あなたはオリゴ糖と砂糖の違いをご存知ですか?ここではオリゴ糖と砂糖を徹底的に比較してみます。
アガロオリゴ糖の効果効能をまだ知らないの?
アガロオリゴ糖の様々な効果効能を知らないなんて大損していますよ。
オリゴ糖の製造法は安全?※オリゴ糖はこうやって作られる!
オリゴ糖が実際にどのように作られているのかご存知でしょうか?オリゴ糖の製造法や原料、安全性について詳しくお伝えいたします。
オリゴ糖は加熱すると効果なし&変化するので危険!?
オリゴ糖は加熱によって構造が変化し、毒性を持つようにはならないのか、効果がなくなってしまうのか、心配になりますよね。