血糖値に問題がある人にオリゴ糖は危険?

血糖値に問題がある人にオリゴ糖は安全?

 

オリゴ糖といっても、やはり糖、それに甘みもあります。
血糖値に気をつけなければならない、特に糖尿病患者にとっては大変気になる点です。

 

糖尿病患者の方は、主治医から食事の指導を受けているはずですが、
ここでもう一度「どのオリゴ糖が自分には安全なのか」再確認してみましょう。

 

糖尿病とは?

血糖値とは、血中のブドウ糖の値です。
通常、食後に数値が上昇し約30分後にピークに達します。
食事で摂取された糖質が消化酵素で分解され、ブドウ糖になり、小腸で吸収され、血液にはいって体を循環していきます。
その血糖値をコントロールしているのがインスリンです。

 

インスリンは膵臓から分泌されるホルモンで、肝臓や筋肉そして脂肪組織へ糖を取り込み、血糖値を下げてくれます。
ところが、糖尿病患者では、インスリン分泌量が少ないあるいはその機能が悪くなっていますので、糖をうまく細胞へ取り込むことができず、血糖値が高い状態が続いてしまいます。
これを高血糖状態とよびます。

 

高血糖状態が長く続くと、血管が損傷を受け続け、血管が硬化し、血管内が狭くなります。
そうすると、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害、狭心症、心筋梗塞、脳卒中といった合併症を引き起こす原因となります。
したがって、糖尿病患者にとって食事療法は治療の基本でもあります。

 

糖尿病患者に向いているオリゴ糖

オリゴ糖には沢山の種類(ラフィノース、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ等、キシロオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、ラクトスクロース)がありますが、消化性を基準にした場合、胃や小腸で消化される消化性オリゴ糖そして胃や小腸で吸収されず大腸へそのまま届く難消化性オリゴ糖に分類されます。

 

実は、この消化性基準が、血糖値を気にする糖尿病患者には、大切なポイントになります。

 

オリゴ糖のなかで難消化性オリゴ糖に分類されるもの

  • ラフィノース
  • フラクトオリゴ糖
  • ガラクトオリゴ等
  • キシロオリゴ糖
  • ラクトスクロース

イソマルトオリゴ糖、大豆オリゴ糖は、一部消化性ですので、胃や小腸へ吸収されます。

 

糖尿病患者の方は、オリゴ糖でも「難消化性オリゴ糖」のほうを勧められています。

 

それは、前述の通り、難消化性オリゴ糖であれば、高血糖状態を引き起こさないためです。
難消化性オリゴ糖は胃や小腸で吸収されないため、食後でも血糖値が急に上がることがありません。
したがって、糖尿病患者にも安全な糖なのです。

 

糖尿病の方は、オリゴ糖にも種類があり、尚且つ、消化性と難消化性という区別があることを認識しておき、市場でオリゴ糖製品を購入する際には、是非難消化性オリゴ糖が含まれる製品であることを、表示で確認してみてください。

オリゴ糖ランキング

関連ページ

オリゴ糖でアトピーを改善できるのか?!
アトピー性皮膚炎の人の8割以上がIgE抗体 の数値が異常に高いといわれていますが、オリゴ糖にはこのIgE抗体の生成を抑制する効果が認められています。すなわちオリゴ糖で改善する可能性があるのです。
妊婦の便秘解消には断然オリゴ糖で決まり!
妊娠中の便秘は薬に頼れないので、辛い思いをされている妊婦さんが多いのではないでしょうか?そこで登場してくるのがオリゴ糖なんです。
オリゴ糖で血糖値は下げられるか?
砂糖をオリゴ糖に置き換えるだけで、無理なく血糖値を下げることができます。オリゴ糖は血糖値で悩んでいる人にとっては、最適な甘味料なのです。
【必読】イソマルトオリゴ糖の効果とデメリット・害・危険性
必ず確認しておきたいイソマルトオリゴ糖の効果効能、危険性!
オリゴ糖の副作用を知らないでは済まされない!
オリゴ糖に副作用はあるのでしょうか?あったとすれば、どんな症状が生じるのでしょうか?気になるオリゴ糖の副作用をまとめます。
ラフィノースオリゴ糖の効果効能を知らないでは済まされない!
ラフィノースオリゴ糖は純度が高く、難化性食品なので直接腸まで届く優れたオリゴ糖です。そして、様々な効果が期待できるのです。
難消化性オリゴ糖は全部で6種類!その効果の違いとは?
難消化性オリゴ糖の種類と、ぞれぞれの持つ効果についてお伝えいたします。
オリゴ糖のGI値をまだ知らないの?
オリゴ糖のGI値を知って、今すぐ糖尿病の対策はじめませんか?
メタボ対策にオリゴ糖はもう常識!
メタボ対策にオリゴ糖を利用していないなんて、あなたは大損していますよ。
ビートオリゴ糖とラフィノースの違いをまだ知らないの?
ビートオリゴ糖=ラフィノースと勘違いしている人も多いのでは?ここでは、ビートオリゴ糖とラフィノースの違いを明確にします。
脂肪の吸収を抑える「コーヒーオリゴ糖」
コーヒーオリゴ糖は、オリゴ糖本来の効能である整腸作用の他、脂肪の吸収を抑える効果もあります。商品についても紹介します。
オリゴ糖と砂糖の違いを知っていましたか?
あなたはオリゴ糖と砂糖の違いをご存知ですか?ここではオリゴ糖と砂糖を徹底的に比較してみます。
アガロオリゴ糖の効果効能をまだ知らないの?
アガロオリゴ糖の様々な効果効能を知らないなんて大損していますよ。
単一のオリゴ糖を摂っても効果なし!最も効果的な摂り方とは?
実は、腸内の善玉菌を増やすためには複数のオリゴ糖をブレンドして摂取する事が大切なのです。1種類のオリゴ糖だけで効果なしと感じた方はオリゴ糖をブレンドして摂取してみてくださいね。
オリゴ糖の製造法は安全?※オリゴ糖はこうやって作られる!
オリゴ糖が実際にどのように作られているのかご存知でしょうか?オリゴ糖の製造法や原料、安全性について詳しくお伝えいたします。
オリゴ糖は加熱すると効果なし&変化するので危険!?
オリゴ糖は加熱によって構造が変化し、毒性を持つようにはならないのか、効果がなくなってしまうのか、心配になりますよね。