オリゴ糖と砂糖の違いを知っていましたか?

オリゴ糖と砂糖の違いとは?

 

あなたはオリゴ糖と砂糖の違いをご存知ですか?
その違いを知る事で、体にも良い効果が生まれます。

 

今回はオリゴ糖と砂糖の違いと働き、注意点も含めてまとめてみました。
お料理をされる方やダイエット中の方は是非参考にしてみてください。

 

天然甘味料と人工甘味料

ケーキやクッキーなどのお菓子作りだけではなく、煮物や照り焼きといったお料理にも欠かせない甘味料。その甘味料は、天然甘味料と人工甘味料の2つに分類されます。
では、オリゴ糖と砂糖はどちらに分類されるのでしょうか?

天然甘味料である《オリゴ糖》

天然甘味料とは、食品に含まれる甘み成分を精製、濃縮し、食品として取り扱われる物や、酸素処理等を行って甘み成分を合成した既存添加物の事を指します。
また、蜂蜜など、処理を行わないものも存在します。

 

実は、今回のもう一つのキーワードでもある“砂糖”もオリゴ糖の一つで、単糖であるグルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)が結合したものです。
要するに、オリゴ糖と砂糖は別々ではなく、オリゴ糖の種類の一つに砂糖があるということです。

オリゴ糖と砂糖の違い

砂糖も同じオリゴ糖ではありますが、その2つには大きな違いが存在します。
違いを把握する事で、お料理の幅が広がるだけでなく、ダイエットや肥満防止にも繋がります。

 

カロリーの違い

砂糖のカロリーは1gにつき約4kcalといわれています。
それに対し、オリゴ糖は約2kcalです。

 

理由としては、食物繊維が消化酵素で分解されにくい事と同じで、腸内細菌による分解がオリゴ糖ではおこりません。
よって、生体が栄養素として利用する事が出来ず、カロリーとして取りいれにくいといえます。

 

甘味度の違い

オリゴ糖は砂糖と比べ甘味料が低く、約半分といわれています。
「カロリーが低いなら、オリゴ糖を使った方が良い!」と思われる方も多いと思いますが、砂糖と同じ量のオリゴ糖を使用するなら確かにカロリーを抑える事は出来ます。

 

しかし、甘味度が低い為、砂糖より多く使用する方がほとんどです。
結果、砂糖よりも多くカロリーを摂取したという事にもなりかねませんので、摂取量には注意しなければなりません。

 

腸内細菌への影響の違い

砂糖は腸内細菌によって、分解され、胃や腸で栄養素として体に吸収されます。
しかし、オリゴ糖はカロリーの違いでもお伝えしたとおり、腸内細菌による分解が行われず、栄養素として吸収されにくい性質をもっています。
これは、砂糖とオリゴ糖の一番の違いともいえます。

 

オリゴ糖と砂糖の体との関連性

オリゴ糖と砂糖の違いは、体にも影響してきます。
大人だけでなく子供も摂取する事の多い甘味料。

 

小さなお子様のいる方は、その与え方にも気をつけなければいけません。
体に対する違いには、次のような事があります。

 

腸内環境を整えるオリゴ糖

オリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。
腸内細菌に分解されない為、そのまま大腸まで到達するオリゴ糖は、善玉菌であるビフィズス菌の餌となり、その数を増やす役目を果たします。
その結果、腸内環境を乱す悪玉菌の発生を防ぎ、腸内環境が正常に保たれます。

 

しかし、オリゴ糖の過剰摂取は、お腹を下す原因にも繋がりますので注意が必要です。

 

虫歯のなりやすさが違う

オリゴ糖は砂糖と違い、虫歯になりにくいといわれます。
虫歯が発生するメカニズムとして、ミュータンスとよばれる虫歯菌が糖分を分解し、酸を作り歯を溶かします。
それが虫歯となるのですが、オリゴ糖には虫歯菌が活動するために必要な糖分としての働きはあまりなく、虫歯菌が反応を示しません。
その為、お口の中の酸性化を防ぎ、虫歯のなりにくい環境を作る事ができます。

 

それに対し砂糖は、虫歯菌の求める成分がつまった塊です。
しかし、砂糖を使ったお菓子や料理はとても多く、それを避けて生活する事は大変難しいといえます。

 

また、オリゴ糖も他の食品と一緒に取る事で、他の食品に虫歯菌が反応する場合もあります。
よって、虫歯に関しては、砂糖やオリゴ糖にこだわる事よりも、お口のお手入れを丁寧に行う事が一番の虫歯対策といえるでしょう。

 


いかがでしょうか?
オリゴ糖の種類の一つである砂糖。しかし、違いはとても大きく、食生活での取り方も、適切な量を守り、それに合った使い方をしなければ、体にとって良くない結果をもたらすという事も頭に入れておかなくてはなりません。
健康を妨げない、良い取り方を心がけましょう。


オリゴ糖ランキング

関連ページ

オリゴ糖でアトピーを改善できるのか?!
アトピー性皮膚炎の人の8割以上がIgE抗体 の数値が異常に高いといわれていますが、オリゴ糖にはこのIgE抗体の生成を抑制する効果が認められています。すなわちオリゴ糖で改善する可能性があるのです。
妊婦の便秘解消には断然オリゴ糖で決まり!
妊娠中の便秘は薬に頼れないので、辛い思いをされている妊婦さんが多いのではないでしょうか?そこで登場してくるのがオリゴ糖なんです。
オリゴ糖で血糖値は下げられるか?
砂糖をオリゴ糖に置き換えるだけで、無理なく血糖値を下げることができます。オリゴ糖は血糖値で悩んでいる人にとっては、最適な甘味料なのです。
血糖値に問題がある人にオリゴ糖は危険?安全?
糖尿病に罹患している人や血糖値の高い人にとってオリゴ糖は安全な食品なのでしょうか?また、下げる働きはあるのでしょうか?
【必読】イソマルトオリゴ糖の効果とデメリット・害・危険性
必ず確認しておきたいイソマルトオリゴ糖の効果効能、危険性!
オリゴ糖の副作用を知らないでは済まされない!
オリゴ糖に副作用はあるのでしょうか?あったとすれば、どんな症状が生じるのでしょうか?気になるオリゴ糖の副作用をまとめます。
ラフィノースオリゴ糖の効果効能を知らないでは済まされない!
ラフィノースオリゴ糖は純度が高く、難化性食品なので直接腸まで届く優れたオリゴ糖です。そして、様々な効果が期待できるのです。
難消化性オリゴ糖は全部で6種類!その効果の違いとは?
難消化性オリゴ糖の種類と、ぞれぞれの持つ効果についてお伝えいたします。
オリゴ糖のGI値をまだ知らないの?
オリゴ糖のGI値を知って、今すぐ糖尿病の対策はじめませんか?
メタボ対策にオリゴ糖はもう常識!
メタボ対策にオリゴ糖を利用していないなんて、あなたは大損していますよ。
ビートオリゴ糖とラフィノースの違いをまだ知らないの?
ビートオリゴ糖=ラフィノースと勘違いしている人も多いのでは?ここでは、ビートオリゴ糖とラフィノースの違いを明確にします。
脂肪の吸収を抑える「コーヒーオリゴ糖」
コーヒーオリゴ糖は、オリゴ糖本来の効能である整腸作用の他、脂肪の吸収を抑える効果もあります。商品についても紹介します。
アガロオリゴ糖の効果効能をまだ知らないの?
アガロオリゴ糖の様々な効果効能を知らないなんて大損していますよ。
単一のオリゴ糖を摂っても効果なし!最も効果的な摂り方とは?
実は、腸内の善玉菌を増やすためには複数のオリゴ糖をブレンドして摂取する事が大切なのです。1種類のオリゴ糖だけで効果なしと感じた方はオリゴ糖をブレンドして摂取してみてくださいね。
オリゴ糖の製造法は安全?※オリゴ糖はこうやって作られる!
オリゴ糖が実際にどのように作られているのかご存知でしょうか?オリゴ糖の製造法や原料、安全性について詳しくお伝えいたします。
オリゴ糖は加熱すると効果なし&変化するので危険!?
オリゴ糖は加熱によって構造が変化し、毒性を持つようにはならないのか、効果がなくなってしまうのか、心配になりますよね。