ビートオリゴ糖 ラフィノース 違い

ビートオリゴ糖とラフィノースの違い

サトウ大根""

 

ビートオリゴ糖の商品には必ずといっていいほど、ラフィノースという言葉が併記されています。ビートオリゴ糖=ラフィノースなの?って疑問に思う人も少なくないですよね。

 

結論としては、ビートオリゴ糖=ラフィノースといえますが、ラフィノースの方が意味の範囲が広くなります。

 

ラフィノースって?

ラフィノースは、ガラクトース+フルクトース+グルコースから構成される多糖オリゴ糖の一種です。

 

自然界では、ビート(サトウ大根、甜菜)だけでなく、ジャガイモ、トウモロコシ、アスパラガス、ブロッコリー、キャベツ、ブドウ、大豆などにもラフィノースが含まれています。

 

例えば、大豆の甘さはデンプンではなく、主にラフィノースのおかげなんですよ。

 

一方、商業ベースで作られるラフィノースは、主にビート(サトウ大根)の副産物である糖蜜から抽出して精製されることがほとんどなので、ビートオリゴ糖=ラフィノースのようなイメージがついたのかと思われます。

 

また、製造方法にも特徴があり、イソマルトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖などのオリゴ糖は酵素反応という手法を用いて製造しています。

 

例えば、イソマルトオリゴ糖は、でんぷんに酵素を作用して作られます。
これに対して、ラフィノースは植物からの抽出という手法をとっています。
つまり、ラフィノースは天然かつ世界で唯一の高純度結晶オリゴ糖といえます。

 

ビートオリゴ糖って?

ビートオリゴ糖とは、北海道の大地で育てられたアカザ科のビート(サトウ大根、甜菜)に含まれるオリゴ糖のことです。
上記にもありますが、このビートに含まれる糖分がラフィノース(ガラクトース+フルクトース+グルコース)になります。

 

北海道は寒冷地域なので気温が低くなりますが、ビートは細胞内にラフィノースを蓄えて寒さによる凍結を防ぎ、春を待ちます。その間に甘さも生まれて私たちがいただく甘味料に生まれ変わるわけです。ちなみに、甘さは砂糖の1/5で、しつこすぎず上品な甘みなのが特徴です。

 

まとめると

  • ビートに含まれる糖が、ラフィノースという多糖オリゴ糖(=ビートオリゴ糖)。
  • ラフィノースはビートだけに含まれているわけではなく、植物界にあまねく存在している。
  • 市場に売られるラフィノースは北海道のビートから抽出したものであるため、ビートオリゴ糖(ラフィノース)のような記載の仕様になっている。

 

また、このラフィノースですが、例えばビートの根にわずか0.1%しか含まれておらず、ビート自体も二年生植物(発芽から枯れるまで約2年かかる)であるため、かなり希少なオリゴ糖になります。製造過程で蓄積するものの、ラフィノースの値段が他のオリゴ糖種より高いのも納得できますね。

 

以上ビートオリゴ糖とラフィノースの違いについて説明いたしました。
違いというよりは、ラフィノースという大きい範囲の中にビートオリゴ糖が含まれるということを理解していただければと思います。

オリゴ糖ランキング

関連ページ

オリゴ糖でアトピーを改善できるのか?!
アトピー性皮膚炎の人の8割以上がIgE抗体 の数値が異常に高いといわれていますが、オリゴ糖にはこのIgE抗体の生成を抑制する効果が認められています。すなわちオリゴ糖で改善する可能性があるのです。
妊婦の便秘解消には断然オリゴ糖で決まり!
妊娠中の便秘は薬に頼れないので、辛い思いをされている妊婦さんが多いのではないでしょうか?そこで登場してくるのがオリゴ糖なんです。
オリゴ糖で血糖値は下げられるか?
砂糖をオリゴ糖に置き換えるだけで、無理なく血糖値を下げることができます。オリゴ糖は血糖値で悩んでいる人にとっては、最適な甘味料なのです。
血糖値に問題がある人にオリゴ糖は危険?安全?
糖尿病に罹患している人や血糖値の高い人にとってオリゴ糖は安全な食品なのでしょうか?また、下げる働きはあるのでしょうか?
【必読】イソマルトオリゴ糖の効果とデメリット・害・危険性
必ず確認しておきたいイソマルトオリゴ糖の効果効能、危険性!
オリゴ糖の副作用を知らないでは済まされない!
オリゴ糖に副作用はあるのでしょうか?あったとすれば、どんな症状が生じるのでしょうか?気になるオリゴ糖の副作用をまとめます。
ラフィノースの効果効能を知らないでは済まされない!
ラフィノースは純度が高く、難化性食品なので直接腸まで届く優れたオリゴ糖です。そして、様々な効果が期待できるのです。
難消化性オリゴ糖は全部で6種類!その効果の違いとは?
難消化性オリゴ糖の種類と、ぞれぞれの持つ効果についてお伝えいたします。
オリゴ糖のGI値をまだ知らないの?
オリゴ糖のGI値を知って、今すぐ糖尿病の対策はじめませんか?
メタボ対策にオリゴ糖はもう常識!
メタボ対策にオリゴ糖を利用していないなんて、あなたは大損していますよ。
脂肪の吸収を抑える「コーヒーオリゴ糖」
コーヒーオリゴ糖は、オリゴ糖本来の効能である整腸作用の他、脂肪の吸収を抑える効果もあります。商品についても紹介します。
オリゴ糖と砂糖の違いを知っていましたか?
あなたはオリゴ糖と砂糖の違いをご存知ですか?ここではオリゴ糖と砂糖を徹底的に比較してみます。
アガロオリゴ糖の効果効能をまだ知らないの?
アガロオリゴ糖の様々な効果効能を知らないなんて大損していますよ。
単一のオリゴ糖を摂っても効果なし!最も効果的な摂り方とは?
実は、腸内の善玉菌を増やすためには複数のオリゴ糖をブレンドして摂取する事が大切なのです。1種類のオリゴ糖だけで効果なしと感じた方はオリゴ糖をブレンドして摂取してみてくださいね。
オリゴ糖の製造法は安全?※オリゴ糖はこうやって作られる!
オリゴ糖が実際にどのように作られているのかご存知でしょうか?オリゴ糖の製造法や原料、安全性について詳しくお伝えいたします。
オリゴ糖は加熱すると効果なし&変化するので危険!?
オリゴ糖は加熱によって構造が変化し、毒性を持つようにはならないのか、効果がなくなってしまうのか、心配になりますよね。