オリゴ糖で血糖値は下げられるか?

オリゴ糖で血糖値は下げられるか?

血糖値を下げるためには甘いものを控える必要がありますが、
甘いものが好きな人にとってはとても辛いことです。

 

しかし、砂糖をオリゴ糖に替えるだけで、無理なく血糖値を下げることができます。
オリゴ糖は血糖値で悩んでいる人にとっては、最適な甘味です。


糖尿病とは?

糖尿病とは、血糖値を下げる役割のホルモンであるインスリンの作用が正常に働かないために血糖値が高くなる病気です。

 

糖尿病には1型(先天性)と2型(後天性)がありますが、糖尿病患者の95%が2型といわれています。
2型は生活習慣によって引き起こされるので、初期の糖尿病や糖尿病予備軍の人は、運動や食事の工夫で改善することができます。

 

オリゴ糖は砂糖に比べて血糖値の上昇がゆるやかなので、日々の食事作りに取り入れると、無理なく糖尿病を予防、改善することができます。

 

消化性オリゴ糖と難消化性オリゴ糖の違い

オリゴ糖を大まかに分けると、小腸で吸収される「消化性オリゴ糖」と消化されずに大腸まで届く「難消化性オリゴ糖」の2種類があります。

 

  • 消化性オリゴ糖 ⇒ 小腸で吸収される
  • 難消化性オリゴ糖 ⇒ 大腸まで届く

 

便秘解消や、腸内環境の調整などに効果があるのは、特定保健用食品にも指定されている難消化性オリゴ糖です。

 

難消化性オリゴ糖には次の様な代表的なものがあります。

  • フラクトオリゴ糖:ショ糖に酵素を働かせてフラクト―スを結合させて製造
  • ガラクトオリゴ糖:乳糖に酵素反応を起こすことによって人工的に製造
  • ラフィノース:てんさい(さとう大根、ビート)から抽出精製された唯一の天然オリゴ糖

 

難消化性オリゴ糖は、小腸や胃で吸収されることなく大腸まで届き、ビフィズス菌のエサになります。
血液に吸収されないので、血糖値が急上昇することもありません。

 

食べ物のGI値について

GI値とは、炭水化物が分解されて糖に変わるまでの時間を現した数値で、一般的にGI値が低い食品は血糖値が急上昇しにくいと言われています。

 

GI値が低い食品

GI値が10〜20と低い食品には、のり、わかめ、もずく、ひじきといった海草類やシメジ、エリンギ、シイタケなどのキノコ類、アサツキ、オクラ、春菊、小松菜といった緑黄色野菜があります。


GI値が高い食品

反対にGI値が80〜100と高い食品は、精白米、うどん、もち米、もち、菓子パン、マカロニ、じゃが芋などです。


しかし、GI値が高い白米も玄米を少し加えて炊いたり、おかゆにするとGI値を下げることができます。
また、酢を大豆製品や食物繊維の多い食品と一緒にとると、血糖値の上昇をおさえることができます。

 

重要なのは、食後急に血糖値が上がらないようにすること

血糖値は食前、食後によって大きく変わりますが、重要なのは食後、急に血糖値が上がらない様にすることです。

 

 

その方法として、血糖値の上昇を抑える効果のある野菜やキノコなどを先に食べ、ある程度空腹感を満たしてから肉や魚などを食べ、最後にご飯やパン等主食の炭水化物を食べるようにします。

 

空腹時に炭水化物を先にとると胃腸での吸収が良く、すぐに血糖値が上がってしまいます。

 

健康な人はどんな時も血糖値が140を超えないといわれていますが、食事の順番を変えたり、料理に使う調味料の砂糖をオリゴ糖にするなどしてバランスの良い食生活をすることで、血糖値はコントロールできます。

 

理想の栄養バランスは、炭水化物55%、タンパク質20%、脂質25%、その他がビタミンやミネラルといわれます。
このバランスに基づいた食事を習慣付けることで血糖値も安定してきます。

 

糖尿病は初期の段階では自覚症状がないため、気付いた時点でかなり進行している場合があります。
糖尿病を予防するためには、ウオーキングなどの運動を毎日続け、食事を見直すことが大切です。

オリゴ糖ランキング

関連ページ

オリゴ糖でアトピーを改善できるのか?!
アトピー性皮膚炎の人の8割以上がIgE抗体 の数値が異常に高いといわれていますが、オリゴ糖にはこのIgE抗体の生成を抑制する効果が認められています。すなわちオリゴ糖で改善する可能性があるのです。
妊婦の便秘解消には断然オリゴ糖で決まり!
妊娠中の便秘は薬に頼れないので、辛い思いをされている妊婦さんが多いのではないでしょうか?そこで登場してくるのがオリゴ糖なんです。
血糖値に問題がある人にオリゴ糖は危険?安全?
糖尿病に罹患している人や血糖値の高い人にとってオリゴ糖は安全な食品なのでしょうか?また、下げる働きはあるのでしょうか?
【必読】イソマルトオリゴ糖の効果とデメリット・害・危険性
必ず確認しておきたいイソマルトオリゴ糖の効果効能、危険性!
オリゴ糖の副作用を知らないでは済まされない!
オリゴ糖に副作用はあるのでしょうか?あったとすれば、どんな症状が生じるのでしょうか?気になるオリゴ糖の副作用をまとめます。
ラフィノースオリゴ糖の効果効能を知らないでは済まされない!
ラフィノースオリゴ糖は純度が高く、難化性食品なので直接腸まで届く優れたオリゴ糖です。そして、様々な効果が期待できるのです。
難消化性オリゴ糖は全部で6種類!その効果の違いとは?
難消化性オリゴ糖の種類と、ぞれぞれの持つ効果についてお伝えいたします。
オリゴ糖のGI値をまだ知らないの?
オリゴ糖のGI値を知って、今すぐ糖尿病の対策はじめませんか?
メタボ対策にオリゴ糖はもう常識!
メタボ対策にオリゴ糖を利用していないなんて、あなたは大損していますよ。
ビートオリゴ糖とラフィノースの違いをまだ知らないの?
ビートオリゴ糖=ラフィノースと勘違いしている人も多いのでは?ここでは、ビートオリゴ糖とラフィノースの違いを明確にします。
脂肪の吸収を抑える「コーヒーオリゴ糖」
コーヒーオリゴ糖は、オリゴ糖本来の効能である整腸作用の他、脂肪の吸収を抑える効果もあります。商品についても紹介します。
オリゴ糖と砂糖の違いを知っていましたか?
あなたはオリゴ糖と砂糖の違いをご存知ですか?ここではオリゴ糖と砂糖を徹底的に比較してみます。
アガロオリゴ糖の効果効能をまだ知らないの?
アガロオリゴ糖の様々な効果効能を知らないなんて大損していますよ。
単一のオリゴ糖を摂っても効果なし!最も効果的な摂り方とは?
実は、腸内の善玉菌を増やすためには複数のオリゴ糖をブレンドして摂取する事が大切なのです。1種類のオリゴ糖だけで効果なしと感じた方はオリゴ糖をブレンドして摂取してみてくださいね。
オリゴ糖の製造法は安全?※オリゴ糖はこうやって作られる!
オリゴ糖が実際にどのように作られているのかご存知でしょうか?オリゴ糖の製造法や原料、安全性について詳しくお伝えいたします。
オリゴ糖は加熱すると効果なし&変化するので危険!?
オリゴ糖は加熱によって構造が変化し、毒性を持つようにはならないのか、効果がなくなってしまうのか、心配になりますよね。