難消化性オリゴ糖 種類

難消化性オリゴ糖の種類とその効果

オリゴ糖は難消化性がオススメ

ご存じの方も多いと思いますが、オリゴ糖には腸内善玉菌を増やしてくれる効果があります。
オリゴ糖は大きく分けて、消化性オリゴ糖と難消化性オリゴ糖があります。

消化性オリゴ糖は、名前の通り小腸で吸収→消化という道をたどるため、糖質に敏感な人だと血糖値が乱高下する可能性があります。
一方、難消化性オリゴ糖は、小腸で吸収→消化しないため、血糖値もさほど上がらず「善玉菌を増やす」という役割だけに集中して働いてくれます。
しかも低カロリーなんです。

難消化性オリゴ糖は6種類

ビートオリゴ糖

別名ラフィノースとも言われています。
北海道で育ったテンサイや砂糖大根から抽出した糖で、大腸でそのまま善玉菌のエサになります。

 

大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌を減少させます。
免疫機能を活性化させ風邪をひきにくくする作用もあります。


フラクトオリゴ糖

玉ねぎ、にんにく、バナナなどに含有されています。

 

フラクトオリゴ糖の1番嬉しい点は虫歯になりにくいこと。
虫歯の原因菌といわれるミュータンス菌のエサにならず、歯垢の原因といわれる不溶性グルカンを生成しないため虫歯のない歯を守れます。
育ち盛りのお子さんには精製砂糖の代わりにオリゴ糖の摂取がオススメです。


ガラクトオリゴ糖

母乳や乳製品に含有されています。
ビフィズス菌を増殖させるので、便秘や下痢に効果があります。

 

学校の給食で牛乳が出るのは、カルシウム補給だけでなく腸内環境を良くする狙いがあるのかもしれません。
ただ、乳製品アレルギーがある方は摂取にご注意ください。


大豆オリゴ糖

大豆に含有されています。
オリゴ糖のなかでも甘みが強いと言われています。

 

大豆から作られる味噌や醤油にも含有されているので日本人には一番馴染みのあるオリゴ糖といっていいでしょう。
整腸作用のほか、美容効果が期待できるオリゴ糖です。
一部、消化性です。


乳果オリゴ糖

別名ラクトスクロースとも言われています。
牛乳に含有される乳糖とサトウキビに含有されるショ糖から精製され、オリゴ糖の中で1番甘みが強いです。
砂糖と同じ甘さを求める人にオススメです。
カルシウムの吸収を促進して骨密度を強化する作用があります。


キシロオリゴ糖

たけのこやトウモロコシに微量に含有されています。
通常、トウモロコシの芯からキシランという食物繊維を抽出→酵素分解して作られます。
虫歯を予防するといわれるキシリトールガムは、このキシランを原料にしています。
オリゴ糖のなかでも整腸作用が優れています。


精製砂糖の代わりに難化性オリゴ糖を

ダイエット、血糖値、美容などに気を遣う方にこそオリゴ糖がオススメです。
普段のコーヒー、和食の味付けなどに使う砂糖の代用に、甘みもあって善玉菌を増やすオリゴ糖をご検討ください。

オリゴ糖ランキング

関連ページ

オリゴ糖でアトピーを改善できるのか?!
アトピー性皮膚炎の人の8割以上がIgE抗体 の数値が異常に高いといわれていますが、オリゴ糖にはこのIgE抗体の生成を抑制する効果が認められています。すなわちオリゴ糖で改善する可能性があるのです。
妊婦の便秘解消には断然オリゴ糖で決まり!
妊娠中の便秘は薬に頼れないので、辛い思いをされている妊婦さんが多いのではないでしょうか?そこで登場してくるのがオリゴ糖なんです。
オリゴ糖で血糖値は下げられるか?
砂糖をオリゴ糖に置き換えるだけで、無理なく血糖値を下げることができます。オリゴ糖は血糖値で悩んでいる人にとっては、最適な甘味料なのです。
血糖値に問題がある人にオリゴ糖は危険?安全?
糖尿病に罹患している人や血糖値の高い人にとってオリゴ糖は安全な食品なのでしょうか?また、下げる働きはあるのでしょうか?
【必読】イソマルトオリゴ糖の効果とデメリット・害・危険性
必ず確認しておきたいイソマルトオリゴ糖の効果効能、危険性!
オリゴ糖の副作用を知らないでは済まされない!
オリゴ糖に副作用はあるのでしょうか?あったとすれば、どんな症状が生じるのでしょうか?気になるオリゴ糖の副作用をまとめます。
ラフィノースの効果効能を知らないでは済まされない!
ラフィノースは純度が高く、難化性食品なので直接腸まで届く優れたオリゴ糖です。そして、様々な効果が期待できるのです。
オリゴ糖のGI値をまだ知らないの?
オリゴ糖のGI値を知って、今すぐ糖尿病の対策はじめませんか?
メタボ対策にオリゴ糖はもう常識!
メタボ対策にオリゴ糖を利用していないなんて、あなたは大損していますよ。
ビートオリゴ糖とラフィノースの違いをまだ知らないの?
ビートオリゴ糖=ラフィノースと勘違いしている人も多いのでは?ここでは、ビートオリゴ糖とラフィノースの違いを明確にします。
脂肪の吸収を抑える「コーヒーオリゴ糖」
コーヒーオリゴ糖は、オリゴ糖本来の効能である整腸作用の他、脂肪の吸収を抑える効果もあります。商品についても紹介します。
オリゴ糖と砂糖の違いを知っていましたか?
あなたはオリゴ糖と砂糖の違いをご存知ですか?ここではオリゴ糖と砂糖を徹底的に比較してみます。
アガロオリゴ糖の効果効能をまだ知らないの?
アガロオリゴ糖の様々な効果効能を知らないなんて大損していますよ。
単一のオリゴ糖を摂っても効果なし!最も効果的な摂り方とは?
実は、腸内の善玉菌を増やすためには複数のオリゴ糖をブレンドして摂取する事が大切なのです。1種類のオリゴ糖だけで効果なしと感じた方はオリゴ糖をブレンドして摂取してみてくださいね。
オリゴ糖の製造法は安全?※オリゴ糖はこうやって作られる!
オリゴ糖が実際にどのように作られているのかご存知でしょうか?オリゴ糖の製造法や原料、安全性について詳しくお伝えいたします。
オリゴ糖は加熱すると効果なし&変化するので危険!?
オリゴ糖は加熱によって構造が変化し、毒性を持つようにはならないのか、効果がなくなってしまうのか、心配になりますよね。