オリゴ糖でアトピーを改善できるのか?!

オリゴ糖でアトピーを改善できるのか?!

 

アトピー性皮膚炎の治療には抗ヒスタミンなどの薬を処方されますが、
長期間の服用による副作用が気になります。
花粉症などのアレルギーのほとんどが腸内環境が原因ともいわれています。

 

オリゴ糖には体内で腸内環境を整える善玉菌を増やす働きがあります。
今や、お医者様や薬剤師さんも代替医療に頼る時代です。

 

アトピー性皮膚炎の人の8割以上がIgE抗体の数値が異常に高いといわれて
いますが、オリゴ糖にはこのIgE抗体の生成を抑制する効果が認められています。

 

腸内環境とアトピー症状の密接な関係

 

花粉症もアトピー性皮膚炎も自己免疫疾患の一種ですが、
体全体の免疫システムの約6〜7割が腸に集まっているため、
腸内環境をいつも良好に保っておくことが大切になってきます。

 

大腸に住んでいるビフィズス菌は糖が大好物なのですが、砂糖やブドウ糖は小腸で消化吸収されてしまい大腸まで届きません。

 

しかし、オリゴ糖は胃や小腸で消化されにくく、そのまま大腸まで届きます。

 

大腸に届いたオリゴ糖をエサとしてビフィズス菌は増え、腸内は善玉菌が優位となります。
腸内環境が良好になると免疫機能が上がりアトピー症状が改善されるのです。


オリゴ糖を使ったヘルシー料理

 

オリゴ糖は熱に強く調理に使っても効果が変わらないので、砂糖代わりに使えます。
アトピー体質改善のための食材を使った料理を作ってみましょう。

 

小松菜のゴマ和え

さっとゆでた小松菜を絞り、オリゴ糖少々と醤油、すりゴマと和える。

 

小松菜にはビタミンCが豊富で、かゆみや炎症をやわらげ、
ゴマは血行を促進し、免疫力を高める働きがある。


グレープフルーツのヨーグルトサラダ

グレープフルーツの果肉とプレーンヨーグルトにオリゴ糖少々を加えて混ぜる

 

柑橘類のビタミンCは皮膚を正常に保ち、ヨーグルトとオリゴ糖は腸内環境を整える。


サツマイモの甘煮

サツマイモをオリゴ糖少々で煮る。

 

サツマイモは皮膚炎の症状を緩和する。


オリゴ糖を購入する際は、オリゴ糖より砂糖の分量の方が多い商品もあるので、
よく成分の配合を確かめてから購入するようにしましょう。

 

アトピー性皮膚炎は関節のあたりが乾燥して白くなったり、かさぶたができたり、
炎症を起こした部分が赤くただれたりと本当に辛いものです。
大人も子供もアトピー性皮膚炎は一向に減りそうにもありません。

 

ゆっくり焦らずにオリゴ糖を継続して摂取し腸内環境を調えるとともに
日々の食生活にも気を付けましょう。

  • 生野菜や発酵食品を食べましょう。
  • 炭水化物や肉の量を少し減らしてみましょう。
  • コンビニ弁当やお惣菜、冷凍食品を控えましょう。
  • 水分をこまめにとりましょう。

 

オリゴ糖を摂取することで腸内でビフィズス菌が増え、そののおかげで、
免疫のバランスが整い、代謝力がアップします。
また、有害物質を分解し排出する働きも期待できるので、腸の中からアトピー体質が改善されていきます。
体質だからとあきらめることなく、できることから少しずつ改善していきましょう。

オリゴ糖ランキング

関連ページ

妊婦の便秘解消には断然オリゴ糖で決まり!
妊娠中の便秘は薬に頼れないので、辛い思いをされている妊婦さんが多いのではないでしょうか?そこで登場してくるのがオリゴ糖なんです。
オリゴ糖で血糖値は下げられるか?
砂糖をオリゴ糖に置き換えるだけで、無理なく血糖値を下げることができます。オリゴ糖は血糖値で悩んでいる人にとっては、最適な甘味料なのです。
血糖値に問題がある人にオリゴ糖は危険?安全?
糖尿病に罹患している人や血糖値の高い人にとってオリゴ糖は安全な食品なのでしょうか?また、下げる働きはあるのでしょうか?
【必読】イソマルトオリゴ糖の効果とデメリット・害・危険性
必ず確認しておきたいイソマルトオリゴ糖の効果効能、危険性!
オリゴ糖の副作用を知らないでは済まされない!
オリゴ糖に副作用はあるのでしょうか?あったとすれば、どんな症状が生じるのでしょうか?気になるオリゴ糖の副作用をまとめます。
ラフィノースオリゴ糖の効果効能を知らないでは済まされない!
ラフィノースオリゴ糖は純度が高く、難化性食品なので直接腸まで届く優れたオリゴ糖です。そして、様々な効果が期待できるのです。
難消化性オリゴ糖は全部で6種類!その効果の違いとは?
難消化性オリゴ糖の種類と、ぞれぞれの持つ効果についてお伝えいたします。
オリゴ糖のGI値をまだ知らないの?
オリゴ糖のGI値を知って、今すぐ糖尿病の対策はじめませんか?
メタボ対策にオリゴ糖はもう常識!
メタボ対策にオリゴ糖を利用していないなんて、あなたは大損していますよ。
ビートオリゴ糖とラフィノースの違いをまだ知らないの?
ビートオリゴ糖=ラフィノースと勘違いしている人も多いのでは?ここでは、ビートオリゴ糖とラフィノースの違いを明確にします。
脂肪の吸収を抑える「コーヒーオリゴ糖」
コーヒーオリゴ糖は、オリゴ糖本来の効能である整腸作用の他、脂肪の吸収を抑える効果もあります。商品についても紹介します。
オリゴ糖と砂糖の違いを知っていましたか?
あなたはオリゴ糖と砂糖の違いをご存知ですか?ここではオリゴ糖と砂糖を徹底的に比較してみます。
アガロオリゴ糖の効果効能をまだ知らないの?
アガロオリゴ糖の様々な効果効能を知らないなんて大損していますよ。
単一のオリゴ糖を摂っても効果なし!最も効果的な摂り方とは?
実は、腸内の善玉菌を増やすためには複数のオリゴ糖をブレンドして摂取する事が大切なのです。1種類のオリゴ糖だけで効果なしと感じた方はオリゴ糖をブレンドして摂取してみてくださいね。
オリゴ糖の製造法は安全?※オリゴ糖はこうやって作られる!
オリゴ糖が実際にどのように作られているのかご存知でしょうか?オリゴ糖の製造法や原料、安全性について詳しくお伝えいたします。
オリゴ糖は加熱すると効果なし&変化するので危険!?
オリゴ糖は加熱によって構造が変化し、毒性を持つようにはならないのか、効果がなくなってしまうのか、心配になりますよね。